「安全衛生教育実施方法」の版間の差分

提供: 東京大学理学系研究科wiki
移動: 案内検索
(同じ利用者による、間の2版が非表示)
行18: 行18:
 
* [http://jimubu.adm.s.u-tokyo.ac.jp/public/images/2/22/2020%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E5%AE%89%E5%85%A8%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%EF%BC%88%E5%92%8C%E8%8B%B1%E7%89%88%EF%BC%89.pdf  安全マニュアル(2020年度版)/Health and Safe Guide 2020]
 
* [http://jimubu.adm.s.u-tokyo.ac.jp/public/images/2/22/2020%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E5%AE%89%E5%85%A8%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%EF%BC%88%E5%92%8C%E8%8B%B1%E7%89%88%EF%BC%89.pdf  安全マニュアル(2020年度版)/Health and Safe Guide 2020]
 
[[ファイル:safety_jpn.JPG|120px|]]
 
[[ファイル:safety_jpn.JPG|120px|]]
 +
 +
[安全マニュアル補足]
 +
* [http://jimubu.adm.s.u-tokyo.ac.jp/public/images/0/01/%E6%98%A8%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E7%89%88%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E4%B8%BB%E3%81%AA%E5%A4%89%E6%9B%B4%E7%82%B9.pdf 昨年度からの主な変更点]
  
  

2020年3月23日 (月) 15:42時点における版

環境安全管理室 > 安全衛生教育実施方法

対象 実施方法 
進学生、実験系教職員・研究生等(未受講者) 毎年4月の進学ガイダンス等で実験系安全衛生教育を実施。  
年度途中に転入した実験系教職員等 所属研究室で実施し、安全衛生教育実施記録を環境安全管理室に提出する。

理学部安全マニュアル(日本語版・英語版)等を活用して実施してください。専攻・研究室で特に必要な安全衛生教育があれば、それも追加してください。実施後、下記の安全衛生教育実施記録(参加者名簿を含む)に必要事項を記入して、環境安全管理室へメールまたは文書で提出してください。


[講義用:PowerPoint]

[受講者用テキスト]

Safety jpn.JPG

[安全マニュアル補足]


[防災教育ビデオ]

[安全衛生教育実施記録]


1 注意事項

  • 実施記録シートと名簿シートの両方を記載してください(名簿を独自フォームで提出する場合は実施記録のみで結構です)。
  • 記載方法は、サンプルを参照してください。
  • 安全マニュアルの冊子が必要な場合は、専攻事務または環境安全管理室へ問合せてください。また、内容は本ウェブサイトからダウンロードできます。

2 作業変更時

作業内容変更時教育の対象となる例

  • 新たに有機溶剤や有害化学物質を使用した実験を開始するとき
  • 新たにレーザーを使用した実験を開始するとき
  • 新たに野外での研究活動を開始するとき
  • 新たに高圧ガスや液化ガスを使用した実験を開始するとき
  • 新たに長時間持続的にコンピューターを使用する研究を開始するとき
  • 新たに遺伝子組み換え実験を開始するとき
  • 海外派遣するとき