理学系研究科アカウント

提供: 東京大学理学系研究科wiki
2022年5月24日 (火) 11:56時点におけるFujimoto.miyuki (トーク | 投稿記録)による版 (インストール方法)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

情報システムチーム > 理学系研究科アカウント

English

1 用途

理学系研究科認証システムが発行しているクライアント証明書(ユーザ証明書)は、ユーザIDを確認し、データを保護したり、 またはセキュリティで保護されたネットワーク接続を提供するために利用されています。
例えば、無線LAN接続に利用することで、どこで接続しても自分の所属する専攻や研究室のネットワークに直接接続されるようになっています。
また、クライアント証明書をWebブラウザにインストールすることで、特定のWebページを表示するための鍵の役割も果たします。

現在は以下のサービスで利用しています。


理学系研究科アカウントはUTokyo Accountとは異なります。

全学のアカウントであるUTokyo Accountについては以下の情報システム本部のページを参照してください。

2 申請方法

必ず受け入れ部署・専攻施設の受入担当者の方が申請してください。

理学系研究科アカウント申請用フォームが理学系研究科事務部ポータルの各種申請用URL一覧にございます。


3 クライアント証明書(ユーザ証明書)

アカウントが発行されると、クライアント証明書をダウンロードして使用することができます。

3.1 ダウンロード方法

以下のページの操作手順に従って理学系研究科の利用者メニューからクライアント証明書をダウンロードしてください。理学系研究科アカウントのパスワード変更およびパスワードをリセットするときに使用するメールアドレスの登録もこちらから行えます。


3.2 インストール方法

OS にインストール

無線LAN接続を利用するには、お使いの端末のOSにインストールする必要があります。
OSにインストールすることで、クライアント証明書を用いて認証を行うウェブサイトへのアクセスも可能となります。

  • ダウロードしたクライアント証明書をダブルクリックすると、「証明書のインポート ウィザード」が起動します。
  • ウィザードの指示に従ってインポートを完了してください。※パスワードの入力が必要です。
以下を参照ください
Windows 8.1
Windows 7
Max OS X
iPhone, iPad
Android
Linux


4 よくある質問と答え(FAQ)

4.1 身分が変わった場合の対応について

  • Q. 昨年度まで学部生として在籍していましたが、今年度より大学院生として在籍しています。この場合の理学系研究科アカウントはどうなりますか。
    • A: クライアント証明書の有効期限は在籍期間までとなっていますので、学部生の時にダウンロードしたクライアント証明書は失効してしまいます。理学系研究科アカウントは新たに利用期限を延長しますので(設定後にアナウンスをします)、既にお持ちのアカウントで再度認証システムにログインしクライアント証明書を発行することが可能です。
  • Q. 昨年度まで大学院生として在籍していましたが、今年度より教職員(もしくは研究員)として在籍しています。この場合の理学系研究科アカウントはどうなりますか。
    • A: 学生と教職員では共通IDが異なります。新たに教職員用の理学系研究科アカウントを発行しますので、上記の手順にしたがってアカウントの発行を申請してください。

4.2 Internet Explorer でエラーになる

  • Q. 理学系研究科アカウントで証明書を取得インストールし無線LANにも正常に接続できますが、証明書による認証が必要なウェブサイトにInternet Explorerで接続できません
    • A: インターネットオプションの詳細設定でセキュリティに問題のある古い設定「SSL 2.0 を使用する」にチェックが入っていると証明書による認証がうまくいかない場合があります。