「Mac OS X の無線設定例」の版間の差分

提供: 東京大学理学系研究科wiki
移動先: 案内検索
 
(3人の利用者による、間の9版が非表示)
1行目: 1行目:
[[情報システムチーム]] > [[無線LAN接続]] > [[Mac OS X の無線設定例]]
+
[[情報システムチーム]] > [[無線LAN接続サービス]] > [[Mac OS X の無線設定例]]
 +
 
 +
{| class="wikitable"
 +
| [[Wi-Fi setup for Mac OS X|English]]
 +
|}
  
 
__TOC__
 
__TOC__
7行目: 11行目:
 
* 証明書ファイルをダブルクリックします。
 
* 証明書ファイルをダブルクリックします。
  
* 「証明書の追加」画面が表示されるので、キーチェーンの追加先を「ログイン」に指定し、「追加」をクリックします。
+
* 証明書のパスワードを求められるので、認証システムにログインするパスワードを入力します。
 +
 
 +
[[ファイル:Lion01.png]]
 +
 
 +
 
 +
== 無線ネットワークへの接続 ==
 +
 
 +
*「使ったことのあるネットワークが見つかりません。」という画面が表示されたら、リストの中から「sos」を選択し「接続」をクリックします。
  
[[ファイル:Mac-01.jpg]]
+
[[ファイル:Lion02.png]]
  
  
* 証明書のパスワードを求められるので、認証システムにログインするパスワードを入力します。
+
* 上記の画面が表示されない場合は、メニューバーのWi-Fiアイコンをクリックし、「sos」を選択します。
 +
どちらでもsosが表示されない場合は、「ほか(のネットワーク)に接続」を選び、
 +
「セキュリティ」の項目で「WPA2 Enterprise」を選んでください。
 +
 
  
[[ファイル:Mac-02.jpg]]
+
[[ファイル:Lion03.png]]
  
  
== 無線ネットワークへの接続 ==
+
* モードを「EAP-TLS」に変更します。(「EAP-TLS」に変更すると、以降の設定項目が変化します)
  
* メニューバーの AirMac メニューをクリックし、「AirMac を入にする」を選択します。(すでに「入」になっている場合は、一度「切」にしてから再度「入」にしてください)
+
[[ファイル:Lion04.png]]
  
[[ファイル:Mac-03.jpg]]
 
  
 +
* IDをクリックし、インストールした証明書を選択します。
 +
* 「ユーザ名」は空欄のまま「接続」をクリックします。
 +
** 認証に失敗する場合は「ユーザ名」にアカウント名を入力してください。(個人のユーザ証明書の場合は10桁の共通ID、ゲスト用ユーザ証明書の場合はsos-guest)
  
* 「この項目へのアクセスを許可しますか?」と表示されるので、「常に許可」をクリックします。
+
[[ファイル:Lion05.png]]
  
[[ファイル:Mac-04.jpg]]
 
  
 +
* 「この項目へのアクセスを許可しますか?」と表示されるので、「常に許可」をクリックします。
  
* 「証明書を検証」画面が表示されたら「証明書を表示」をクリックします。「"The University of Tokyo School of Science CA-server"を常に信頼」をチェックし、「続ける」をクリックします。
+
[[ファイル:Lion06.png]]
  
[[ファイル:Mac-05.jpg]]
 
  
 +
* 「証明書を検証」画面が表示されたら「証明書を表示」をクリックします。「"The University of Tokyo School of Science CA-server"を常に信頼」をチェックし、「続ける」をクリックします。
  
* 無線ネットワークへの接続に成功した場合、「802.1X」に「"TLS"を使用して認証済み」と表示されます。(v10.5 Leopard では「状況」に表示されます。)
+
[[ファイル:Lion07.png]]
  
[[ファイル:Mac-06.jpg]]
 
  
 +
* PCの管理者アカウントのパスワードを入力します。
  
== 上記の手順で接続できない場合 ==
+
[[ファイル:Lion08.png]]
[[Mac OS X v10.6 Snow Leopard の無線設定例]]を参考に、手動でネットワーク設定を行ってください。(v10.5 Leopardでもほぼ同じ手順で設定ができます)
 
  
  
 
[[Category:情報システムチーム]]
 
[[Category:情報システムチーム]]

2022年3月2日 (水) 14:33時点における最新版

情報システムチーム > 無線LAN接続サービス > Mac OS X の無線設定例

English

1 証明書のインストール

  • 証明書ファイルをダブルクリックします。
  • 証明書のパスワードを求められるので、認証システムにログインするパスワードを入力します。

Lion01.png


2 無線ネットワークへの接続

  • 「使ったことのあるネットワークが見つかりません。」という画面が表示されたら、リストの中から「sos」を選択し「接続」をクリックします。

Lion02.png


  • 上記の画面が表示されない場合は、メニューバーのWi-Fiアイコンをクリックし、「sos」を選択します。

どちらでもsosが表示されない場合は、「ほか(のネットワーク)に接続」を選び、 「セキュリティ」の項目で「WPA2 Enterprise」を選んでください。


Lion03.png


  • モードを「EAP-TLS」に変更します。(「EAP-TLS」に変更すると、以降の設定項目が変化します)

Lion04.png


  • IDをクリックし、インストールした証明書を選択します。
  • 「ユーザ名」は空欄のまま「接続」をクリックします。
    • 認証に失敗する場合は「ユーザ名」にアカウント名を入力してください。(個人のユーザ証明書の場合は10桁の共通ID、ゲスト用ユーザ証明書の場合はsos-guest)

Lion05.png


  • 「この項目へのアクセスを許可しますか?」と表示されるので、「常に許可」をクリックします。

Lion06.png


  • 「証明書を検証」画面が表示されたら「証明書を表示」をクリックします。「"The University of Tokyo School of Science CA-server"を常に信頼」をチェックし、「続ける」をクリックします。

Lion07.png


  • PCの管理者アカウントのパスワードを入力します。

Lion08.png