「危険物貯蔵所」の版間の差分

提供: 東京大学理学系研究科wiki
移動: 案内検索
(利用開始手続き)
(利用開始手続き)
 
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
行12: 行12:
 
== 利用開始手続き ==
 
== 利用開始手続き ==
 
利用を希望する研究室は、「危険物貯蔵所利用申請書」と「危険物保管品目届」を環境安全管理室に提出してください。  
 
利用を希望する研究室は、「危険物貯蔵所利用申請書」と「危険物保管品目届」を環境安全管理室に提出してください。  
* [http://jimubu.adm.s.u-tokyo.ac.jp/public/images/8/85/%E5%8D%B1%E9%99%BA%E7%89%A9%E8%B2%AF%E8%94%B5%E6%89%80%E5%88%A9%E7%94%A8%E7%94%B3%E8%AB%8B%E6%9B%B8.docx 危険物貯蔵所利用申請書]
+
* [http://jimubu.adm.s.u-tokyo.ac.jp/public/images/4/47/%E5%8D%B1%E9%99%BA%E7%89%A9%E8%B2%AF%E8%94%B5%E6%89%80%E5%88%A9%E7%94%A8%E7%94%B3%E8%AB%8B%E6%9B%B8%2B.docx 危険物貯蔵所利用申請書]
 
* [http://jimubu.adm.s.u-tokyo.ac.jp/public/images/c/c4/%E8%B2%AF%E8%94%B5%E5%93%81%E7%9B%AE%E5%B1%8A.xlsx 危険物貯蔵品目届]
 
* [http://jimubu.adm.s.u-tokyo.ac.jp/public/images/c/c4/%E8%B2%AF%E8%94%B5%E5%93%81%E7%9B%AE%E5%B1%8A.xlsx 危険物貯蔵品目届]
  
行20: 行20:
 
* 貯蔵品目届に記載した品目、数量のみを保管してください。'''※全体を考え数量を制限することもあります。'''
 
* 貯蔵品目届に記載した品目、数量のみを保管してください。'''※全体を考え数量を制限することもあります。'''
 
* 品目・数量を変更する場合は、再度貯蔵品目届を提出して許可を得てください。
 
* 品目・数量を変更する場合は、再度貯蔵品目届を提出して許可を得てください。
* 研究室に保有する化学物質と同様、UTCRISの入庫・出庫登録を確実に行ってください。特に、保管場所を間違えないよう注意してください。
+
* 研究室に保有する化学物質と同様、UTCIMSの入庫・出庫登録を確実に行ってください。特に、保管場所を間違えないよう注意してください。
 
* 研究室毎に定められた場所(棚)に保管してください。
 
* 研究室毎に定められた場所(棚)に保管してください。
 
* 危険物施設内での薬品の使用や汲み出し、移し替えは厳禁です。
 
* 危険物施設内での薬品の使用や汲み出し、移し替えは厳禁です。

2020年1月16日 (木) 16:00時点における最新版

環境安全管理室 > 危険物貯蔵所

理学部1号館東棟北側1階に危険物第4類を貯蔵できる屋内貯蔵所(指定数量10倍未満)を設置しました。この貯蔵庫の利用を希望する研究室は、下記手順に従い利用手続きを行ってください。

1 設置場所

理学部1号館東棟1階(北側)171号室

IMG 2508.JPG IMG 2514.JPG

2 利用開始手続き

利用を希望する研究室は、「危険物貯蔵所利用申請書」と「危険物保管品目届」を環境安全管理室に提出してください。

[提出先・問い合わせ先]  環境安全管理室 理学部1号館西棟103号室(内線28868)

3 利用時の注意事項

  • 貯蔵品目届に記載した品目、数量のみを保管してください。※全体を考え数量を制限することもあります。
  • 品目・数量を変更する場合は、再度貯蔵品目届を提出して許可を得てください。
  • 研究室に保有する化学物質と同様、UTCIMSの入庫・出庫登録を確実に行ってください。特に、保管場所を間違えないよう注意してください。
  • 研究室毎に定められた場所(棚)に保管してください。
  • 危険物施設内での薬品の使用や汲み出し、移し替えは厳禁です。
  • 廃液ポリ容器や実験廃棄物をこの貯蔵所に保管することはできません。
  • 棚の転落防止バーを確実に設けてください。
  • 消防法危険物第4類に該当しない物質(例:クロロホルム・ジクロロメタンなど)は、この貯蔵所に保管することはできません。

4 利用終了手続き

  • 利用者は環境安全管理室に利用終了を申し出てください。
  • 環境安全管理室は利用者立ち会いのもと保管場所を確認し貸与していた鍵を回収します。