放射線管理(新規取扱者)

提供: 東京大学理学系研究科wiki
移動先: 案内検索

環境安全管理室 > 放射線管理(新規取扱者)


新たに放射線取扱を開始する方の手続き
(新規に放射線取扱者として登録申請し、認可されるまで)

本学ではこの3月から「放射線取扱者登録管理システム:UTRadMS」(以下、システム)が運用されています。このシステムは放射線取扱者の登録申請、全学講習会の受講や新規健康診断の申込み手続きをweb上で一本化し、取扱者個人がオンラインで手続きを行うものです。
このシステムを使うには、本学の共通ID(10桁の数字)が必要です。共通IDが無い方は、専攻事務室等で手続きをしてください。

以下、新たに放射線取扱者となる手続きの流れを説明します。


1. システム上で放射線取扱者の登録申請することについて、研究室担当者の了解を得る。

2. 共通IDでシステムにログインし、登録申請を行う。
 (注1:システムには学内ネットワークからしかログインできません。)
 (注2:学生の方はUTokyo Portalにアクセスできないため、「放射線取扱者登録管理システム ログイン・取扱者操作マニュアル」をクリックし、ログインして下さい。
学外からもアクセス可能ですが、東大の共通IDに紐付けされた Googleアカウントでログインしておく必要があります。)
 放射線取扱者登録管理システム(UTRadMS)
 放射線取扱者登録管理システム ログイン・取扱者操作マニュアル
 取扱内容により「RI・加速器」、「X-AB」、「X-CDE」に分類されています。システムの入力に関しては、以下も参照してください。
 放射線管理(UTRadMS:システム入力関連)

3. 登録申請が承認されると、システムからメイル通知が届く。

4. 登録の承認後、システムから全学一括講習会の受講を申し込み、e-learningで受講する。
 (他学部や他大学等で放射線取扱者であった人は、全学一括講習会が免除になることがあります。提出すべき証明書等については、研究室担当者を通じて放射線管理室に確認ください。)

5. システムから新規放射線取扱者の健康診断の手続きを行う。
 問診内容の確認後、メイルが届くので、指示に従い受診予約をする。
 (取扱内容が「X-AB」のみの取扱者は健診不要です)

6. 理学部講習会を受講する。
 (理学部講習会には、管理室が実施する理学部一般講習会と3号館独自の講習会とがあります。3号館RI実験室を利用する方は3号館での講習会を受講してください。ただし、X線も利用する方は理学部一般講習会を受講してください。)
 一般講習会については以下のページを参照してください。
 放射線管理(理学部講習会)

7. 上記4, 5, 6の受講、受診を終了したら、その旨を研究室担当者に伝えてください。
 研究室担当者から放射線管理室へ、放射線取扱者の認可申請書を提出してもらいます。
 なお、上記4, 5, 6の受講や受診について、順序は問いません。



* 放射線取扱者の手続き一般、また放射線管理全般について、以下のサイトに情報をまとめてあります。

理学部 放射線管理室のサイト